スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます。

 

外傷

スポーツの練習中や試合中に起こった転倒や

衝突で起こる怪我のことを指します。

捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、

一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。

 

障害

スポーツの練習がオーバーワークしてしまったり過度な練習が続き、

慢性的な痛みが生じる事を言います。

主な症状として多いのは下記になります。

ジャンパー膝・シンスプリント・野球肘、肩・腰椎分離症・疲労骨折など

 

 

小学生・中学生・高校生などにも悩みを抱えている子が多く、

スポーツによって痛みの場所も違います。

スポーツ経験のあるスタッフが一人一人に合わせた治療を行います。