★★★ 鍼灸治療 ★★★

 

鍼灸治療」とは、身体にを用いた刺激を与えて治療します。

 

痛みの強い所頚・肩・腰・膝・腕など)にを使い、痛みを軽減させる効果があります。

 

それだけではなく、内臓の不調神経痛麻痺症状ホルモン症状自律神経症状など、全身の調整にも効果があります

 

身体に鍼灸刺激を与えることで、血行促進免疫力向上体質改善などの作用があり、痛みがとれる肩こりや冷え性などがなくなる、風邪にかかりにくくなります。また、精神的な疲れなどによるストレス性の症状を軽減する作用もあり、精神面も安定していきます。

 

WHO(世界保健機構)において、361のツボの位置・名称を統一化し有効性を認めた病気の治療法として、世界100カ国以上で積極的に行われています。

 

         ☆鍼灸治療の主な効果

 

鎮痛

血行促進

自律神経・内分泌ホルモンの調整

免疫力の向上

リラクゼーション作用

 

 

         ☆どんな症状に効果があるの!?

 

 ◎神経系 :神経痛(坐骨神経痛、肋間神経痛など)・しびれ症状

 ◎運動器系:肩関節痛・腰痛・五十肩・捻挫・関節痛・筋肉痛

          スポーツ疾患・リウマチなど

 ◎消化器系:胃痛・消化不良・胃下垂・便秘下痢など

 ◎循環器系:不整脈・循環障害など

 ◎呼吸器系:気管支喘息・気管支炎・鼻炎・風邪・感冒など 

 ◎小児系  :夜尿症(おねしょ)・夜驚症(夜泣き)・疳の虫(きーきー泣く)

          小児喘息など

 ◎婦人科系月経不順月経痛冷え症・更年期障害・不妊症 ・つわり

          逆子など 

 ◎その他  :眼精疲労浮腫み不眠アトピー性皮膚炎

         花粉症自律神経失調症など

 

         ☆鍼は痛くない!?

 

痛みの感じ方人それぞれ違うので、何とも言えませんが、なるべく痛み無く治療を行います

鍼自体は、だいたい髪の毛1本分の太さですが、多少のチクッと感はあります。また、鍼独特ひびき感があります。これは、堅くなった筋肉の膜に鍼が当たった時に起こる鈍痛感です。

 

ただ、注射針に比べると全然細いので、痛みの度合いは大分違うかと思います。